晩婚化と結婚相談所

時代は大きく移り変わり、現在では晩婚化が進んできています。平安時代では源氏物語などによって読み取れる範囲だと、女性が13歳から15歳、男性が17歳から20歳には結婚をしていましたし、武士が活躍する戦国時代でも女性は15歳から少なくとも20歳には結婚をしていました。時代という背景も助けていますが、昔はだいたい大人になるのと同時に結婚をしていたことが分かります。ようやく現代の結婚観に近づくのが近世に入ってからとなり、1920年の国勢調査によれば、平均初婚年齢は女性が21.2歳、男性が25歳というものです。現在では更に晩婚化が進み、一昔前には婚期がクリスマスケーキに例えられることもありました。すなわち25歳が旬で、それを過ぎると遅いと言われる時代です。

更に晩婚化は進むことになり、近年では30歳までに結婚できれば良い、と考える方も増えてきているのも現実です。晩婚化の原因にはいくつか考えられることがありますが、しかしながら誰もが全く結婚をせずにいたいと思っているわけではありません。特に社会人になってからは経済的に自由になるのと同時に、会社に入ることで行動もある程度制限されることになり、出会いの場が少なくなってしまうのも事実です。

そこで出会いを求めている方に対して提供されることになったのが結婚相談所のサービスとなります。結婚相談所は、結婚をしたいと真剣に考えている方が登録しているからこそ、成婚率も高いサービスとなっています。出会いが無い、結婚をしたくても相手が見つからないという方は結婚相談所のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。当サイトでは、結婚相談所の成婚率についてまとめました。