成婚率は何を意味する?

結婚相談所の実情としては、登録すれば必ず良い出会いがあり、必ず結婚できるというわけではありません。中には登録したけれども結婚できずにいまだ婚活中という方もいます。各結婚相談所では、サービスの魅力を広告に出すために「成婚率」という数字を出しており、利用者を招いていますが、成婚率から漏れた人が前記のように婚活中という意味になりますので注意が必要です。

一般的に成婚率はサイトを利用して結婚が成立した割合を意味しています。成婚率が100%ならば、その相談所に登録すればもれなく結婚ができるという意味になりますね。この成婚率ですが、結婚相談所によってパーセンテージは異なることになります。目安だけ紹介すると、だいたい10%から20%前後の成婚率になっている結婚相談所が多いです。言わずもがな、成婚率が高ければその分良い人が見つかる確率が高まります。成婚率の高い相談所がより多くのお客さんを集めることを前提に考えれば、より多い相手の中から良い人とマッチングできるわけですので、利用するサービスを選ぶ上で成婚率は非常に大切な数字と言えるのです。成婚率の高い結婚相談所を選ぶことは、単純に、理想の結婚相手に会える確率が高まることへとつながります。